2009年12月12日

【消しゴムはんこ説明】

犬作成犬

消しゴムはんこ作成は、
彫って、確認のためインクを付けて試し押しをして、
完成させます。
そのため、印面にはインクの色が付いています。
印面のクリーニングを行いきれいな状態にしますが、
元の消しゴムのように、完璧に真っ白にはなりません。
使用に差し支えはございませんが、予めご了承ください。
はんこはひとつひとつ手作りのため、機械のように全く同じ作品は出来かねる場合があります。予めご了承ください。



犬取扱犬


インクパッド
事務用の水性スタンプパッド、朱肉ではきれいにスタンプできませんので、顔料系のスタンプパッドをおすすめいたします。
おススメは、布や木材に最適な『バーサクラフト(旧ファブリコ)』、ガラスや金属にも捺せる染料系の『ステイズオン』などがあります。
(一部こちらで購入できまするんるん



【押す】
はんこを手に持ってインクパッドに押し付けるのではなく、
はんこの印面を上にして机の上などに置き、インクパッドの方を手に持って、はんこの印面を見ながらポンポンと軽くたたくようにムラなくつけると、きれいに捺せます。


スタンプインクは、ご使用が終わったら落とす事をおすすめいたします。(特に、布用インクは固まりやすいので、早めに落とした方がよいでしょう。)
専用のクリーナーがありますが、濡らしたタオルやぞうきんを軽くしぼって、平らな面に置き、その上に使い終わったはんこをポンポンポン・・・とします。
インクがつかなくなればOKです。
私はいつも、『掃除用のねりけし』で掃除します。
100円均一などに売っている香り付きのものでもできますが、
使いやすいので『掃除用ねりけし』をおススメいたします。

(こちらで購入できます。るんるん)
※力を加えたり、ゴシゴシやると、印面が傷つきます。


保管
印面は、消しゴムでできています。
はんこ用の消しゴムを使用しておりますが、
印面同士を合わせて置いたり、プラスチック等に置いておくとひっついてしまう可能性があります。
紙の箱、または、缶などの箱にティッシュを敷いてください。
直射日光のあたる場所には長時間置かないでください。
posted by *REE* at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 消しゴムはんこ取扱